不動産を売却するか賃貸にするか迷ってるならココ!メリット・デメリットを紹介

自宅を処分しようとするときに売却をするのか賃貸にして誰かに貸すのか迷っている方が意外と多いと思います。愛着のある自宅ですので賃貸に出しておけばまたいずれ戻れることもありますし、何より所有権が継続される事は心理的面においても魅力ですよね。

 

それに何よりも賃貸に出すことによって不労所得を手に入れられることが最大の魅力です。しかし当然空き家リスクなど様々なデメリットもありますのでしっかりと売却するのか賃貸にするのかメリットデメリットを把握して決めることが重要です。ここでは自宅を売却するか賃貸にするか迷ってる方に向けてメリットとデメリットを紹介します。

 

 

賃貸と売却を選ぶ一般的な基準

売却又は賃貸はそれぞれメリットデメリットがあります。不動産と言う高価な商品を取り扱う以上、どちらかを選ぶかによって影響も大きくなります。しっかりとメリットデメリットを把握して知識を得てから不動産会社に相談に乗ってもらい決めるのが良いでしょう。

 

一般的には…
一般的によく言われていることが将来的にその不動産に住む予定があるのならば賃貸が良いとされています。一方将来にわたって住むことがないのであればきっぱりと売却するのが良いとされています。

 

 

注意すべき点はできれば将来住みたいと言う感情的な意思の場合は住む予定に入りません。将来住む予定とは将来住むことがほぼ決めてる場合に限ります。


 

 

 

売却又は賃貸のメリット・デメリット

不動産,自宅,売却,賃貸,迷ってる,メリット,デメリット

売却と賃貸のメリットとデメリットそれぞれの特徴を紹介します!

 

 

売却のメリット

  • まとまったお金が入る
  • 財産分与で困らない
  • 維持費の心配がいらなくなる
  • 住居用不動産の税制優遇が利用できる

売却のメリットはまとまったお金が手に入ることです。人生においてもこれだけまとまったお金が入る早ありません。また不動産と言う高価な商品の為遺産相続でお家騒動になる原因にもなります。しかし売却によってお金に変えることにより公平に分け与えることができるのでトラブル解決手段の1つとも言えるでしょう。また家を持っているだけで税金や維持費がかかりますが、手放してしまうことによりその煩わしさから解放されることもできます。

 

売却のデメリット

  • 所有権を失う
  • 売却するのもそれなりの手間と費用がかかる
  • 売却価格や売れるタイミングがわかりづらい

売却のデメリットは愛着のあった不動産に関して所有権がなくなってしまうことでしょう。思い入れがある分、精神的にダメージを受けてしまうのはやむを得ないです。また売却するとなっても買主を見つけなくてはなりません。一般住宅ですら順調にいっても3ヶ月かかります。もし空き家の場合ですと長期戦も覚悟しなくてはなりません。一言で売却といっても売主を探さなくてはいけないので手間と時間がかかります。
また費用もそれなりにかかるのを承知しておいてください。具体的に言うと売却時、売却利益が出ていれば譲渡利益が発生します。その他に不動産会社の仲介手数料、司法書士への登記費用、各種税金、場合によってはリフォームや解体費もかかります。これら費用は売却前ある程度の適正価格がわかれば事前に把握することができますので、売却活動と同時にいくら費用がかかるのか把握しておきましょう。

 

 

 

賃貸のメリット

  • 不労所得(家賃収入)が得られる
  • 将来的にまた住める可能性がある
  • 不動産を継続して所有できる
  • 経費として計上出来るので税金対策できる

賃貸に出す最大のメリットは家賃収入から得られる不労所得です。基本的管理は不動産会社に丸投げしますのであなたは何も手間も時間も労力もかからずにして、不労所得が手に入ります。それに所有権を引き続き継続できますので精神面においてもメリットは大きいでしょう。賃貸借契約はいちど貸し出すと、相手が撤去しない限り自分から追い出す事は難しいのですが、将来的にまた住める可能性があると言うのは大きなメリットです。

 

賃貸のデメリット

  • 空き家・空室リスクがある
  • 賃借人とトラブルリスクがある
  • 賃貸に出すのもそれなりにお金がかかる
  • 事故物件になるリスクがある
  • ランニングコストがかかる
  • 居住用の税制優遇が受けられない

賃貸の最大のデメリットは、空室や空き家リスクがあることです。こればかりは事前に予測が難しいのである程度の余裕資金を持っておくことが対策になります。空き家になっても、支払いのローンは待ってもらえません。また賃貸ですね2つ目のデメリットは賃借人とのトラブルまたは元になると言うリスクをしっかり把握しておきましょう。

 

 

 

都心の戸建なら売却がいい?

都心の賃借している不動産の9割がアパートまたはマンションです。都心に住むのは利便性が優先されますのでどうしても駅前物件が人気になります。駅前となると必然的にマンションやアパートが多くなります。まだ戸建ての場合部屋も広いため賃料が高くなります。新築で支払うローン価格と大差がないので都心では賃貸はふりかとも言われています。
しかし子育て世代においては、部屋の広さを重要視する方も多数いて、多少交通の利便性を削ってでも一定の方が中古戸建物件を購入する需要があります。これらのことを考慮してみると都心部で賃貸するならマンションが有利でしょう。

 

 

 

 

マンション売却は売ると決断したらせ即行動!

不動産,自宅,売却,賃貸,迷ってる,メリット,デメリット

マンションは購入した瞬間に1割から2割、購入価格より価値が下落すると言われています。売却活動の費用が購入価格に反映されているから、少し割高で購入しているからです。いわゆる新築プレミアムと言われるものです。その後毎年平均して1.7%づつ価値が下落していくと言われてます。例えば3000万円の価値のある不動産を1年先送りしたら51万円価値が下落すると言う事です。この計算で行くと購入してから35年経過する頃には購入時の3割の価値しかない計算になります。建物は経年劣化しますので達と決断したら即売却活動を行うのが良いでしょう。

 

 

 

売却?賃貸?のまとめ

売却?賃貸?のまとめ

自宅を売却するか賃貸にするか迷ってる方にむけてメリットやデメリットを紹介してきました。どちらも一長一短良い点悪い点があるので一概にどちらが良いと言い切れませんが、今後の人生に大きく影響及ぼすものですのでしっかりとそれぞれのメリットデメリットを把握しておきましょう。自分だけで判断するのは少し不安ですので必ずプロである不動産会社に相談に乗ってもらいながら決めて下さい。

 

ここで便利な不動産一括査定のサービスを紹介します。大手不動産ポータルサイトの「ホームズ」が運営する不動産一括査定サイト「ライフルホームズ」は賃貸価格と売却価格の両方の査定を同時に出すこともできる不動産一括査定サイトです。賃貸の相場と売却価格の相場が両方わかるのでとても便利なサービスだと思います。無料で利用することができるのでまずは試してみて下さい。