一般媒介と専属専任3

家を売るときは不動産会社と媒介契約を結びます。媒介契約の種類には専属専任媒介契約と専任媒介契約と一般媒介契約の3種類があります。しかし初めて不動産売却する方はどれを選べば良いのか悩んでしまう方も多いでしょう。通常不動産会社ですと専任媒介契約または専属専任媒介契約を勧めてきます。

 

ただ不動産会社の言い分に流されて契約するのではなくしっかりとそれぞれの特徴やメリットデメリットを把握して選ぶのが良いかと思います。ここでは媒介契約の選び方、それぞれのメリットデメリットを紹介します。

 

 

媒介契約の特徴一覧表

契約の種類一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他社への媒介依頼XX
自己発見の直接契約X
報告義務義務なし2週間に一回以上1週間に1回以上
有効期間無制限3ヶ月3ヶ月
レインズの登録義務義務なし7日以内に登録5日以内に登録
自宅売却をするには、自宅を買ってくれる人を見つけたり、それに伴う契約を交わしたりしなければなりませんが、 基本的に不動産屋さんの仲介業によって成立します。
不動産のサイトなどを見ると、媒介や仲介という意味が混在しているためイマイチ理解に苦しむこともありますが、基本的に仲介も媒介も同じ意味を持ちます。

・媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。 ざっくりとした違いは以下です。


・一般媒介契約⇒媒介契約を結ぶ不動産会社は1つに限定しなくてもいい
・専任媒介契約⇒1社しか媒介契約する不動産屋さんが選べない
・専属専任媒介契約⇒不動産屋さんとの媒介契約は1社のみである、および買い手を自ら見つけることができない

 

一般媒介契約で様子を見ておき、信頼できると感じたならば専任媒介契約を結んでおくことも1つの方法です。

 

 

※レインズとは?
レインズとは全国の不動産会社が物件の情報を共有するため国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているネットワークシステムのことです。このレインズに掲載されることにより日本全国どの不動産会社からもあなたの売却物件を見ることができ買主が見つけやすくなります。

 

 

※一般媒介契約はもっと詳しく言うと「明示型」と「非明示型」とに分けられます。
簡単な特徴は以下の通りです。

「明示型」…他の会社にも仲介してるかを通知する必要がある
「非明示型」…契約していても他の会社に通知する義務がない

 

 

一般媒介契約のメリットとデメリット

 

一般媒介契約メリット・デメリット

 

メリット
一般媒介契約のメリットと言えば複数の不動産会社特約できるのでより多くの不動産ポータルサイトから紹介されることが期待できます。また不動産業界のタブーとして囲い込みがありますが一般媒介契約ですと、複数社と契約しているので囲い込みされる心配がありません。

 

 

囲い込みとは他社からの問い合わせを受けても何かしらの理由をつけて売却情報をシャットアウトする事です。自社で買主を見つければ売主だけではなく買主からも仲介手数料がもらえ通常の2倍の手数料が入るからです。

 

デメリット
一般媒介契約ですと不動産会社からしてみれば他者に先に契約を結ばれてしまうと元も利益が取れず今までの広告費や活動日が無駄になってしまうため積極的に広告費を出さない傾向にあります。また不動産会社によりますが仲介保証やハウスクリーニング、サポートなど様々な特典やサービスがありますが一般媒介契約では対象外となっているところも多いです。

 

専任媒介契約のメリットとデメリット

 

専任媒介契約メリット・デメリット

 

メリット
契約できるところが1社のみですのでその会社は契約が取れれば必ず利益が保障されるため一生懸命販売活動をしてくれるので、多くの広告費を出してくれることが期待できます。
また専任媒介契約ですと窓口が1つだけですので煩わしい手続きや連絡がないためとても楽です。

 

デメリット
専属専任媒介契約のデメリットは1社に任せてしまうのでその会社の力量で売却の成果が決まってしまうところです。また悪い会社に当たってしまうと囲い込みをされるリスクもあります。このようなことから不動産会社選びは慎重に行う必要があります。

 

 

結局どの媒体契約を選べばいいの?

一般媒介契約だろうが専任媒介契約だろうが上記の説明を見てもわかる通りメリットデメリットがあります。当サイトでは以下の基準で選ぶことをお勧めします。

 

元々知り合いに信頼のおける不動産会社がいる方→専任媒介契約

 

都心の一等地の人気エリア→一般媒介契約

 

上記2つに当てはまらない場合は専任媒介契約

 

不動産売却は不動産会社による売却活動が大きなポイントになります。いかに一生懸命売却活動してくれるかが大きなポイントです。一般媒介契約ですと不動産会社による売却活動をあまりしなくてもポータルサイトに登録するだけで問い合わせが多数来るため一般媒介契約で良いと思います。しかし通常の売却活動を必要とする不動産に関してはしっかり売却活動してくれることが期待できる専任媒介契約をお勧めします。