不動産選びで悪徳不動産会社の見分け方!

悪徳不動産を見分ける1番簡単な方法

不動産選びで注意しておくべきことが悪徳不動産に引っかからないことです。残念ながら現在たくさんの悪徳不動産会社があるのは事実です。不動産と言う高価な商品を取り扱う以上、損害額も大きくなってしまいます。当ページでは悪徳不動産会社の見分け方を紹介します。

 

 

ネットで検索をする

悪徳不動産を見分ける1番簡単な方法はネットでその会社行を検索してみることです。会社名を入力すると大概の情報がわかります。具体的な調べ方で言うと以下の検索方法があります。

 

会社名+口コミ
会社名+詐欺
会社名+行政指導
会社名+評判

 

ネットの情報ですから全てを丸々信用するわけにはいかないですが火のないところには煙が立たずって言う諺があるとおり、悪い噂がある会社は何かしらのネガティブな要因がある可能性があります。口コミや体験談などもよくチェックしておくのが良いかと思います。しかしあまりにも小さい会社やできたばかりの会社ですとネットで検索しても出てこない可能性がありますのでその場合は次で紹介する別の方法でチェックしてみて下さい。

 

 

宅建業の免許の有無

不動産業(宅地建物取引業)を営むには、国土交通大臣または都道府県知事の免許を取得しないと営業する事が出来ません。つまりこの免許がないのに営業をしている潜り業者は間違いなく悪徳業者です。

 

確認する方法を紹介します。
不動産会社の店内には必ず「宅地建物取引業者票」をを提示しておく義務があります。その宅地建物取引業者票の中に免許証番号が記載されてます。

 

ちなみにこの「宅地建物取引業者票」に記載されている事項は以下の5つです。提示してない不動産会社は宅建業法違反の会社です。

①標識の掲示  (宅建業の免許を確認)
②報酬額の掲示  
③帳簿の備え付け  
④従業者名簿の備え付け  
⑤専任の宅地建物取引士の設置

 

しかし店舗に行く前に悪徳業者かチェックしておくべきですよね。今はネット社会ですのでほとんどの会社が自社のホームページを持っています。そのホームページの中に免許番号を載せておくのが一般的ですので掲載されていない会社と契約するのはやめましょう。そもそもホームページを持ってない不動産会社との契約も怪しいのでやめておいた方が良いと思います。

 

 

 

業界団体に加盟の有無

どの不動産会社も何かしらの業界団体に加盟しています。業界団体に加盟するには審査がありますので明らかな悪徳業者は入れません。業界団体加盟の有無でも悪徳業者の判断材料になります。この業界団体も不動産会社のホームページを見れば掲載されているケースがほとんどです。

 

不動産業界団体の一例

社団法人日本住宅建設産業協会
社団法人不動産流通経営協会
社団法人不動産協会
全国宅地建物取引業協会連合会
宅地建物取引業協会連合会

これら業界団体は1つだけとは限りません。なるべく複数社に加盟してる方がより信頼度は増すと思います。

 

 

これらの業界団体は不動産全般の相談やクレームの窓口となっています。何かあったら問い合わせてみると良いです。


 

 

会社の運営歴をチェック

不動産会社を長くやっていればやってるほど信頼や実績がある証拠にもなります。少なくともできて1年か2年の新しい会社よりかは30年継続して治療を続けてきてる会社の方が信頼感はありますよね。

 

運営歴の長さは信頼と実績の証です。そこで不動産会社の運営歴を見ることにより悪徳業者かの見分けるポイントの1つにはなると思います。ホームページを見ると運営歴が掲載されいると思いますので確認してみると良いと思います。

 

運営歴を載せてない場合は免許番号がわかれば運営歴が分かります。

 

不動産会社の免許番号を調べるサイト

 

 

その免許番号の中の()の数字は免許の更新回数を表します。

 

免許の更新時期
1996年4月1日以前は3年ごと。
1996年4月1日それ以後は5年ごと

 

つまり(3)とあれば、3回免許更新が行われているますので15年運営しているということがわかります。

 

 

この事から()の数字を見る事で不動産会社の運営歴がわかります。(1)の会社は、まだ免許を取得し5年以内の出来たばかりの会社という事です。


 

 

 

過去に行政処分や行政指導があったか?

行政処分を受けていると言う事は過去に法律違反を犯してペナルティーを科せられた悪徳業者です。まだ行政指導も頻繁に受けていると悪徳業者の可能性が高いです。つまり行政処分や行政指導を受けたか確認すれば大概悪徳業者かそうでないかは分かります。

 

国土交通大臣免許の業者の行政処分を調べる方法は下記の国土交通省のサイトから確認できます。

 

 

 

不動産選びで悪徳不動産会社の見分け方のまとめ

不動産選びで悪徳不動産会社の見分け方のまとめ

不動産選びで悪徳不動産会社の見分け方について細かく紹介してきました。悪徳業者もプロですから不動産売却ど素人でしたら騙されたこともわからないまま売却してしまう可能性もあります。不動産は最も高価な商品の1つです。騙されないためにも悪徳業者の見抜ける方法は頭に入れといたほうが良いでしょう。どれもそれほど手間がかからずに確認することができますのでぜひチェックしてみて下さい。

 

悪徳不動産会社に合わないための便利なサービスが不動産一括査定サイトを利用すると言う手です。不動産一括査定サイトのほとんどの会社が何かしらの悪徳不動産会社対策を行っています。つまり不動産一括査定サイトで紹介される不動産会社を選んでおけば悪徳業者に出会うリスクを減らす事が出来ます。

 

不動産会社選びに不動産一括査定を利用するというのは実は悪徳業者対策にもとても有効ですので活用してみると良いと思います。

 

大手に査定依頼するならココ

すまいValueは国内TOP3の三井・住友・東急に 依頼できる唯一の一括査定できるサイトです。全国に6社で840の店舗があるので安心!

ドコにするか迷ってるならココ

ホーム4Uは日本で最初の一括査定サービスであり、運営会社はNTTグループなのでで安心感は抜群!信頼できる会社を探しているならコチラ!