不動産売却の流れ

不動産売却は1日や2日では終わりません。査定、媒介契約、売買契約、引き渡しなど様々な段階を得て行われます。ここでは不動産売却の流れを簡単に説明します。売却活動を始める前に全体像を頭の中にインプットしてください。

 

 

不動産売却の流れ

 

不動産売却のながれは以下のとおりです。

  1. 査定依頼
  2. 物件の確認・調査
  3. 媒介契約
  4. 売却活動
  5. 売買契約の締結
  6. 物件の引っ越し準備

不動産売却の流れは上記のような流れで行われます。どのステージもとても重要ですので内容をしっかりと把握しておきましょう。

 

 

ステップ①査定依頼

査定依頼
重要なポイントは必ず複数社に査定を依頼することです。1社だけですと比較もできない上、自分に最適な不動産会社に巡り会う確率も少ないからです。選ぶ不動産会社もとても重要になります。不動産会社といっても売買、賃貸、管理など細かく分かれており、例えば売買といっても販売に強い会社で売却は不得意な会社もあります。必ず売却実績を見て売却力の高い不動産会社を選びましょう。まずは簡易査定で良いので最低でも3から5社以上に依頼してみましょう。

 

矢印

 

②物件の確認・調査

物件の確認・調査
興味を持った会社に訪問査定をしてもらいます。訪問査定の場合は査定士が物件を直接見に来てくれます。土地・建物の状況、周辺環境を確認し、市場調査、販売事例、成約事例、建築法規、権利関係などの調査を基にした査定価格を出してもらいます。

 

矢印

 

③媒介契約

媒介契約
査定書の内容、価格、売却活動の内容などを見て納得のいく不動産会社が見つかりましたらその会社と媒介契約を結びます。ポイントは査定額だけでなく各不動産会社の提案、補償内容、担当者の人柄などを考慮して決めることです。少しでも信頼におけない人でしたら契約するのはやめましょう。

 

また売り出し価格はとても重要です。しっかりと実勢価格を把握し、相場の範囲内で売り出しましょう。ネット社会で今は誰もが適正価格を把握しています。相場より高いとまず売れる事はないでしょう。媒介契約には一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約3種類があります。

 

矢印

 

④売却活動

売却活動
不動産会社が、あなたの物件をネットや雑誌等に広告、またはチラシ配り等をして販売活動を開始してくれます。
あなたは営業活動の状況、物件の問い合わせ状況などのご報告を受けます。また購入予定者の内覧に控えて部屋の片付けや掃除などを始めましょう。

 

矢印

 

⑤売買契約の締結

売買契約の締結
購入希望者が見つかったら、売主様と価格や引渡し条件の調整を行い、売買契約を締結します。その際に購入者から手付金を受領します。また売買契約締結の時に不動産会社に対して仲介手数料をお支払いします。売買契約の所要時間は1時間程度です。

 

主な必要書類

固定資産税等納税通知書・実印・印鑑証明

 

矢印

 

⑥物件の引っ越し準備

物件の引っ越し準備
各種書類の準備などをします。また、売買契約の引き渡し日時にまでに家をきれいに明け渡さないといけないので引渡しの準備を進めます。
住宅ローンなどの抵当権がついている場合は、借入金返済の準備が必要になります。

 

矢印

 

⑦残代金の受領・物件の引き渡し

残代金の受領・物件の引き渡し
残代金の受領と物件(カギ)の引渡しを行います。住宅ローンが残っている場合は、借入金の返済が必要になります。引き渡しは原則平日の日中におこないます。所要時間は1時間程度です。

 

主な必要書類

権利証・印鑑証明書・物件の鍵・実印 etc

 

 

 

査定にはどのくらい時間がかかるの?

 

  • 机上査定 30分~
  • 訪問査定 数日

 

査定には机上査定と訪問査定があります。机上査定は別名簡易査定とも呼ばれ建物の所在地、広さ、建物の種類等の基本的なデータをもとに簡単に査定を出す事ですので早く査定結果が出ます。ネットで簡易査定を依頼した場合早い場合ですと30分から1時間で査定結果を知ることができます。

 

一方訪問査定はプロの査定私がしっかりとあなたの物件を調査してより実勢価格に近い価格を導き出してくれます。ですのである程度時間を要します。まずは訪問査定の日程を決めます。
実際に査定士が来てくれて査定を見てもらうのですが所要時間は30分から1時間程度です。しかし、実地調査のほかに役所や法務局で法規制やインフラ状況を調査する時間がかかりますので、査定書が出るまでには、数日かかがるのが一般的です。

 

訪問査定により出された査定書は、物件そのものの価格以外に、その地域の将来性、周辺環境も考慮されます。どのようなものを用いて査定額を導き出すかと言うと市場調査、販売事例、成約事例、建築法規、権利関係などの調査を基にした査定価格を出してもらいます。

 

簡易査定 訪問査定
査定時間・日数 早い(30分~) 遅い(平均3~4日)
訪問の有無 無し 有り
査定に必要な書類 不要 必要
正確さ 多少の誤差が出る 売却価格に近い

 

 

売却代金はいつもらえるの?

 

不動産の売却代金は売買契約時と引渡し時の2回に分けて支払われるケースが一般的になります。内訳は、一般的に契約時5~10%、引渡し時に残りの金額が支払われます。契約から引渡しまでの期間は、不動産会社が、売主と買主の間に入り、調整します。詳しくは、媒介契約を締結した不動産会社にお聞きになるのが良いかと思います。

 

 

不動産売却の流れのまとめ

不動産売却の流れのまとめ
不動産売却の流れを簡単に説明してきました。一言で不動産売却といってもたくさんのやるべき事があるのが分かったと思います。様々な契約、そして必要書類を揃えたり、買主探しなど順調にいっても3ヶ月はかかると思ってください。不動産売却は期間の長い大きなイベントです。全体像把握して今やるべきことを明確しながら売却活動をして下さい。特に力を入れるべきポイントは不動産会社選びです。選んだ不動産会社によって結果が決まってしまうほど重要です。売却までの長い間パートナーとなりますので信頼できる不動産会社を探して下さい。

 

\お勧めの不動産一括査定はココ/

大手に査定依頼するならココ

すまいValueは国内TOP3の三井・住友・東急に 依頼できる唯一の一括査定できるサイトです。全国に6社で840の店舗があるので安心!
ドコにするか迷ってるならココ

ホーム4Uは日本で最初の一括査定サービスであり、運営会社はNTTグループなのでで安心感は抜群!信頼できる会社を探しているならコチラ!